トップ / 賃貸物件を退去後の敷金

賃貸のルームクリーニング

賃貸物件によっては、退去時などにルームクリーニング費用を取られることもあるので、注意が必要です。入居時の契約に費用が設定されている場合が多いので、入居時によくチェックすることが大切です。入居時に費用が設定されていない賃貸物件の場合には、払う必要はありません。事後に要求された場合には、断固として拒絶するべきです。ただし、通常の使用ではあり得ない位に汚してしまった場合には、支払わなければならなくなる場合もあります。いずれにしても、不動産会社の言いなりにはならず、きちんと交渉して、適正価格になるようにしなければなりません。

退去時のルームクリーニング

部屋や事務所などを借りている場合、退去時には原状回復と言う意味で修繕しなければなりません。その修繕費用にあてられるのが、賃貸契約時に支払う敷金です。必要な分を差し引き残金は返還されます。特に修繕する箇所がなければ全額返還されることになります。最近は敷金や礼金などかからない物件が増えていますが、契約時に敷金を預けておかなければ退去時に修繕費用が請求されることになります。畳の交換や、ルームクリーニング費用などの負担割合をめぐってのトラブルがふえていますので、賃貸契約時にきちんと確認しておくことが大事です。

駅近の物件の賃料情報