トップ / 賃貸のゴミの規定と制度

賃貸ならではの利便性

賃貸のアパートやマンションにおける利便性はいくつもありますが、日常的にそれを実感するのはゴミ問題ではないでしょうか。家屋では、専用のゴミ置き場が設けられている所が多くあります。そのため、わざわざ遠くの集積場まで、ゴミを捨てに行かずに済みます。生活をする上でゴミは避けられません。たいしたことでないように感じますが、こうした日々の作業が楽なことは、暮らしやすさに繋がります。また、ゴミが片付いた後の掃除や残ったゴミの処理など、面倒な作業をする必要もありません。専門の業者を通じて、常に清潔に保たれるため安心です。多忙な方には賃貸物件は特に打って付けと言えます。

ゴミの分別や置き場について

賃貸のマンションやアパートでは、専用のゴミ置き場があります。しっかりしたマンション等の場合は、ゴミの分別に関して厳しい規定があります。たとえば、ペットボトルの本体とペットボトルのキャップを分けて分別し、さらにペットボトルの本体に巻かれた商品情報を取り外してから捨てるなど細かく分類されています。ところが、格安の一人暮らしの方専用の賃貸物件の場合は、分別が必要でない場合もあります。これは、後に別の業者がゴミを回収し、業者が分別作業を請け負っているためです。さらに、ゴミの収集日も特に設けておらず、毎日捨ててもかまわないような制度になっています。そのため、日中、毎日ゴミが捨てられている状況であることがあります。このように、物件によってゴミの収集方法が異なるので、確かめておく必要があるでしょう。

駅近の物件の賃料情報