トップ / 自分に見合った賃貸の家賃

賃貸の家賃の目安は?

物件を選ぶ時、家賃がいくらなのかは重要な決め手になると思います。一般的には、月収の30%と言われていますが、家賃の他に水道光熱費がかかる事を考えると、負担としては、小さくないでしょう。実際に、賃貸物件に住んでいる方のほとんどが、家賃が高いと感じています。その物件がとても気に入っているから、家賃が高くてもいいという場合は別ですが、無理なく払える家賃の相場は給与の25% が目安となります。どんなに素敵な部屋に住んでいても生活が苦しくては、日々の暮らしを楽しむ事が出来なくなってしまいます。それぞれの価値観により何を重視するかは様々ですが、収入に対する家賃の割合も考えなから、賢く賃貸物件選びをしたいですね。

月収に対する家賃の割合

賃貸をこれから借りようとしている方は、一番気になることと言えばやはり家賃なのではないでしょうか。家賃が安ければその分を他のところに回すことができますから、やはり安ければ安いほどいいですよね。でも、家賃は関係なくとても気に入った物件があったとしたら、まず自分の月収の何割になるかを計算してみましょう。一般に、家賃が収入の3割を超えると生活が苦しくなるといわれています。理想的には、収入の四分の一以下に抑えられたらいいですね。賃貸は自分のものになるわけではないですから、気に入っても収入に対する割合が高すぎるなら、別の物件を探した方がいいでしょう。

駅近の物件の賃料情報